硝子

許されたかったんだろ きみはただ
ここにいてもいいと
ひとり 冷えた手をこする惨めな日

硝子みたいだなあ きみの心
澄んでて、歪んでて
こっそり見せて
砕けててもきっと綺麗だ
まっ白い天井に たなびいた煙
それとでたらめな詩
ふいに交わすまなざしが
やけにさみしい

傷つけ合うことでしか 
うまく分かり合えないと吐き捨て
まちがい探しにふける
じきに飽きたなら こっちおいで

こんな気持ちをなんていおう
きみの喜びになりたい
ぼくはそっと歌うよ るらり らるら

むさぼるように奪い取っては
頷かせるまで説き伏せ
気に入らなきゃすぐ黙る
そんな きみだけど
きみだから
誰よりも笑っておくれ

消えてみたかったり 
抱き合いたかったり
ひどく 不可解だ
もっと見せて
不思議なことに嫌いじゃないから
硝子みたいで 綺麗だ 
ぼくは そっと歌うよ るらり らるら
ぼくら 手をつないで歌おう るらり らるら

polyfony official site

千葉発 3ピース ピアノロックバンド polyfonyの公式HP 最新情報はこちらから。

0コメント

  • 1000 / 1000